二世帯住宅という選択肢④

どうも、UTOです。

先日、二世帯住宅という選択肢で分筆ということを
説明しましたが、そのお話の続きです。

まだの方はこちらからどうぞ
二世帯住宅という選択肢①
二世帯住宅という選択肢②
二世帯住宅という選択肢③

さて、分筆というのは、
今ある土地を複数に分けること
でしたが、そこれを行うと、
面倒なことがでてきます。

その1、分筆登記の手続きが面倒
その2、分筆された土地の扱いが複雑?
その3、その他にも手続きがたくさんある・・・。

まぁ、知識がない中なので、
なかなかうまく説明できないのですが、
今回言いたいことは、
この分筆した土地がもともと誰のものかということと
誰のものに今後なるのかで、いろいろ変わります。

私たちが行おうとしていた分筆の大きな問題は
「贈与税」が発生するということでした。

祖父の持っている土地に新築の家を建てるときに、
分筆して、夫名義の土地に一部変更する場合、
変更はできますが、それは贈与とみなされて、
贈与税の対象になるそうです。

地価があまりかからないところは問題無いかもしれませんが、
地価があったり、大きな土地になるとその問題も
大きくなってきます。

後々、相続する土地である場合、
今分筆すると、生前贈与という形になり、
相続するよりも高くなるため、
今回は分筆を行うという選択肢はなくなりました。

分筆は大変だってことを書いてしまいましたが、
メリットもありますので、
後ほどメリットもあるよって記事も書きたいと思います。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください