手洗いの救世主!新しいハンドソープディスペンサー紹介(一条工務店のi-smart・i-cube)

ハンドソープディスペンサーとは

ディスペンサーとは、「紙コップなどを一つずつ取り出せる装置。また、飲み物やシャンプーなど液状のものを適量だけ取り出せる入れ物・装置。」(デジタル大辞泉より)となっています。

そのため、ハンドソープディスペンサーとは、ハンドソープを適量だけ取り出せる装置ということになります。今はよく見かけますよね。

我が家も一年前にハンドソープディスペンサーを購入したのですが、最近色々あったので、それについても書いていこうと思います。

今までのハンドソープディスペンサー(ミューズノータッチ)

今までのハンドソープディスペンサーは、下のようなミューズノータッチを使用していました。

最初はとても使いやすく、自動で泡が出ると感動していました。お値段もお手頃で、2台も購入して、使えるところに置いていました。
しかし、一年ちょっとして、不具合が出てきてしまいました。
どういう不具合かというと、(一回目は)詰め替えたときに、下のライトが点滅し続け、手をかざしても音はなるんですが、肝心の泡が出てこないのです。間違った方法で変えてしまったのかな?とか色々見てみたのですが、原因が分からず、そして何日かするとまた使えたりするのです。しかし、二回目に替えた時は何日たっても直らず、しょうがなく新しいものを購入することにしました。

これを見て同じ事例だった方、がっかりするのは少し早いです。ミューズは一年以内の故障であれば、新しい製品と交換してくれます。できれば保証書など取っておけばベストなのですが、なくても購入した日付やいつ頃(一年以内)ということが分かれば対応してくれるそうです。我が家は一年以上過ぎてしまっていたので、泣く泣く新しいものを探しました。

新しいハンドソープディスペンサー(Umimile ソープディスペンサー)

新しいのは、Umimile ソープディスペンサーといって、ミューズのものよりは少しお値段も身長も高くなっていますが、出る量も調整でき、出る速度も速いのでとても気に入っています。まだ使ってからあまり経っていないので、故障等はありません。ミューズの時にはできなかった詰め替えも楽々できますし、液体用のソープでも水を入れて濃度を薄めたりすると泡になるという優れものです。

最後に

いかがでしたでしょうか。今回は我が家で使ったハンドソープディスペンサーを紹介しましたが、値段や好みなどもありますので、色々調べて自分の気に入ったディスペンサーを見つけてもらえたらうれしいです。

今の時代、色々ありますが、ノータッチで泡が出てきて手が洗えるのはとても便利であり、ウイルス対策にもなると思います。なかなかマスクや消毒液が手に入らないご時世ですので、自分自身の行動や持っているもので何か対策ができれば一番いいですね。

 

もしよかったら、応援お願いします。


一条工務店(一戸建)ランキング

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 一条工務店へ
にほんブログ村


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください